駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

ペット可の物件を借りる際には、どこまでの動物であれば問題ないかを確認することです。

駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

ペットと一緒に暮らす

現在の賃貸物件の傾向を見てみると、ペットの飼育を認めている物件も増加傾向にあるといわれています。
賃貸物件でペットと一緒に過ごしたいと思っているのであれば、ペット可の物件の中から賃貸探しをしていくことが重要です。
ペット可の賃貸物件を借りるのであれば、契約書の内容をきちんと確認をしましょう。
契約書は細かな文字で書かれているし、難しいことが書かれているということでろくに見ないでハンコを押してしまう人も多いようです。
しかしこのような人が、後々賃貸トラブルに巻き込まれるケースが多いので注意しないといけません。
おそらくペットに関しての条項は特約という部分にかかれていると思われます。
実は、ペット可と書かれている賃貸物件でもどこからどこまでがペットとして飼育していいのかという基準は変わってきます。
たとえば、犬や猫以外であればすべてダメというペット可の賃貸物件もあります。
また小動物であれば、飼育することができるとしているペット可の物件もあります。
さらには、犬の中でも大型犬がNGとしているような物件もあります。
このように同じペット可の物件であったとしても、どこまでが飼育を認められているのかが異なるケースがあります。
先ほど紹介した中で、小動物ならOKとしている物件があります。
しかしこの場合、「小動物」とは具体的にどれをさしているのかをきちんと確認しておくべきです。
ハムスターやフェレット、ウサギなどいろいろな動物の種類が小動物の中でもあります。
また爬虫類や魚といったものも小動物として認められるのかどうかも確認をしておいた方がいいでしょう。
この部分をきちんと詰めておかないと、借り手と貸し手との間の解釈が違って、トラブルに発展する可能性があります。
契約書に小動物のようなあいまいな表現があれば、細かく確認をしておくべきです。
そうすれば、何かトラブルがあったとしても貸し手側と問題に発展する可能性は低くなります。
ペット可の物件で会っても、周囲の住民の迷惑にならないようにするために細心の注意を払いながら、飼育することも最低限のマナーと思ってください。
よる鳴き声がうるさいとか、悪臭がする、廊下のところに便をするので何とかしてほしいといったクレームがつくこともあります。
ペットを飼っている人はペットがかわいくて仕方ないかもしれませんが、中には動物が苦手、アレルギーを持っている人もいることを認識して飼育することが重要です。

Copyright (C)2018駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!.All rights reserved.