駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

最近の夫婦を見てみると、共働きを選択するケースも多くなってきているようです。

駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

共働きと物件

結婚をして夫婦で暮らすための賃貸物件を探そうと思っている人もいるかもしれません。
もし夫婦で賃貸物件を探すのであれば、共働きのことを想定して物件選びをする必要があると思ってください。
現在の傾向を見てみると、働く女性の数は着実に増えています。
そして寿退社といって、結婚したら仕事をやめて家庭に入る女性が多かったのですが、最近では結婚してからも仕事を続けるというケースも多くなっています。
総務省のデータを見てみると、昭和55年には、専業主婦世帯が共働き世帯の1.8倍ありました。
それが平成17年ごろには共働き世帯の数が専業主婦世帯の数を逆転しています。
ですから、結婚をしても奥さんは仕事をするという想定のもとで、賃貸物件探しをする必要があります。
ということになると、どこで賃貸物件を探すかということを決めてしまった方が、候補になる物件をぐっと絞り込むことができるのではないでしょうか?
共働きのスタイルをとっている夫婦の大半が、会社に通勤をするはずです。
そうなってくると、夫婦の通勤時間が毎日の通勤時間に耐えられるようなエリアでないといけません。
すると、住むことができるエリアはある程度決まってくるのではないでしょうか?
ここで問題になってくるのは、夫婦が結構異なる会社で仕事をしている場合です。
そうすると、夫婦ともども同じような通勤時間で暮らせるエリアがなかなか見つからないというケースも出てくるでしょう。
その場合には、女性の方が通勤の苦労のあまりかからないところで賃貸物件を探した方が暮らしやすくなるはずです。
というのも、共働きの世帯を見てみると家事は女性の方が中心で行っているケースが多いです。
つまり、女性の方が職場から近い条件の賃貸物件の方がより早く帰宅できるので、旦那さんが帰ってくるまでに料理などを準備して帰宅を待つということもできるわけです。
通勤は毎日のことなので、通勤条件が悪くなるとそのストレスが積み重なってきて、いつかは爆発する可能性もあります。
通勤の問題だけでも、夫婦関係がぎくしゃくしてくる可能性も大いにあります。
そこで賃貸物件を探すときには、とくに共働き世帯の夫婦はどこに物件を求めるかをしっかりと話し合っておくようにしましょう。
もし異なる考え方があれば、きちんと意見を出し合って妥協できるポイントはないかどうか、意見のすり合わせをしていくことが重要です。
一人の意見だけを通すことのないように注意してください。

Copyright (C)2018駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!.All rights reserved.