駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

賃貸契約を交わすときに重要事項説明がありますが、聞いておくべきこともいろいろとあります。

駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!

契約するときの注意点

賃貸物件を借りるためには、賃貸契約を交わす必要があります。
この時契約を交わすにあたって、重要事項説明と呼ばれるものを行わないといけません。
この重要事項説明は、どうせ難しいからということで聞き流してしまっている人も多いようです。
しかし実際には、この重要事項説明の中にいろいろと文字通り重要な事柄もありますので注意して聞くようにしましょう。
では具体的にどのようなところを注意して聞けばいいのでしょうか?
まずは、契約終了時の精算がどのようになっているかの確認をしましょう。
部屋を退去することになった場合、敷金を支払っているのであれば精算をする必要があります。
この生産の方法がどのようにして行われるのかを確認しておきましょう。
具体的には、賃料の滞納分の総裁とか原状回復費用として使用されるといった内容が書かれていると思われます。
この部分をしっかりと確認しておいてください。
実は退去にあたって、いろいろなトラブルが起きているのですが敷金の返還問題でこじれるケースが非常に多いです。
また賃貸物件の設備に関しても、重要事項説明の中でいろいろと紹介されるはずです。
上下水道や電気、ガスといったライフラインの整備状況がどのようなものになっているのか、キッチンや浴室が独立しているのかどうか、エアコンは付いているのかどうかといったことについての説明がなされると思います。
最近の生活では、電化製品は欠かせないものとなっています。
そこでその賃貸物件で使用できる電気は何アンペアなのかも確認をしておくといいでしょう。
目安としては、カップルまでであれば、30アンペアもあれば十分でしょう。
家族で暮らすのであれば、40〜50アンペアは確保しておきたいところです。
また賃貸物件で暮らしていると、設備が壊れたとか、いろいろな問題が出てくる可能性も大いにあります。
このような何かアクシデントが発生した場合、どこに連絡をすればいいのかということも重要事項説明の中でしっかりと確認することです。
実は賃貸物件によって、管理者が変わってくることがあります。
もちろん大家さんがすべての管理を担当しているような物件がある一方で、大家さんが痛くして管理会社が管理を行っているケースもあります。
後者の場合、管理者と契約業務を行っている業者が異なるというケースもあります。
その場合トラブルの対処はどこに相談をすればいいのか、きちんと確認をしておいた方がいいでしょう。

Copyright (C)2018駐輪場も賃貸選びのチェックポイント!.All rights reserved.